夏バテの原因は自律神経の乱れにあり!体の冷えには要注意?

Pocket


stress_general_shutterstock-ollyy_0

夏バテを引き起こす原因の一つに「自律神経の乱れ」が挙げられます。不規則な生活や疲れ・ストレスが溜まると、自律神経が乱れやすいと言われています。

が、これ以外にも自律神経を乱す要素があるんです。

その要素が「冷え」です。ということで今回の記事では、夏バテの原因は自律神経の乱れにあり!体の冷えには要注意?という内容をお届けしていきます。

自律神経の乱れと冷えの関係

自律神経は体温を一定に保とうとする働きがあります。風邪やインフルエンザなどの病気にならない限り、1年を通して我々の体が36℃前後の体温が保たれていますよね。

ですが、自律神経が乱れてバランスが崩れてしまうと、体温調節が正常に行われません。一般的には低体温気味になることが多く、冷え性や頭痛、コリ、不眠症などの症状を引き起こします。

さて、先ほどもお話したように、自律神経を乱す要素には「冷え」が挙げられます。なぜ?と思うかもしれませんが、夏場の生活を良く見てみて下さい。

  • 朝からクーラーを付ける
  • 車の中でもクーラーを付ける
  • 当然昼間もガンガンにクーラーを効かせる
  • 冷たいジュースやアイスは欠かせない
  • 夜はクーラーで冷えた部屋でビールを飲む
			
【スポンサードリンク】

・・・いかがですか?1日中「冷え」が付きまとっている状態ですよね?

さらに、夏場は外と中の温度差が激しくなりますから、自律神経もパニック状態になるわけです。いきなり涼しい空間に入った〜かと思いきや、ものの数分で再び炎天下へ。

夏場はこのようなことが1日の中で何度もありますから、自律神経が乱れやすいんです。

体の冷えには要注意

wpid-stress

外は暑いけど、実は体内は冷え冷え状態。このようなギャップが生じることで、夏バテを引き起こしてしまいます。

では、夏バテを解消・予防するためにはどうすればいいのか?

答えは簡単「体を暖めてあげること」です。温かい飲み物・食べ物の力を借りることはもちろん、運動やお風呂などの習慣を作ることも効果的。

詳しくはこちらの記事で紹介しているので、参考にされてください^^

>>夏バテの原因は自律神経の乱れ!バランスを整え解消するには?

まとめ

暑い夏だからこそ、キンキンに冷えたビールやアイスが美味しく感じられるもの。ですが、程々にしておかないと・・・夏バテになってしまうので要注意。

【スポンサードリンク】
【スポンサードリンク】

コメントを残す