【夏バテ】乱れた自律神経のバランスを整える方法まとめ

Pocket


lgf01a201307132100

夏バテは自律神経が乱れることでなってしまう症状です。夏バテになると頭痛や全身の倦怠感・食欲不振・不眠などの不調を生じます。

このような夏バテの症状を放っておくと負のループに陥ってしまうので、なるべく早い段階で対処をするのがベスト。

ということで今回の記事では、【夏バテ】乱れた自律神経のバランスを整える方法まとめ、という内容をお届けしていきます。

乱れた自律神経のバランスを整えるには?

方法は1つではありません。というより、1つの方法を試すのではなく、2つ3つと同時進行をした方がいいです。

例えば、自律神経のバランスを整える方法の1つに「食事を見直す」というものがあります。

が、食事を見直しても生活習慣が不規則だ〜とか運動不足気味だ〜という場合は、いつまでいつまで経っても自律神経のバランスが整いません。

極論ではありますが、健康的な生活を送ることが一番なんですよね。なかなか難しいところですが。まぁ、結局のところ・・・

【できることをできる範囲でコツコツ継続していく】

これに尽きるのかな?と思います。

自律神経のバランスを整える方法

自律神経のバランスを整える方法は、大きく分けて4つあります。その4つとは「食事の見直し」「適度な運動」「ゆっくりお風呂に浸かる」「質の高い睡眠」です。

			
【スポンサードリンク】

食事の見直し

>>夏バテで食欲不振…さっぱり食事で予防・解消しよう!

5d41c678ab8cda297bf98263e7e7e6d7_s

夏バテになるとどうしても食欲が落ちてしまいますが、だからと言って何も食べないのも体に悪いです。

また、冷たい飲み物や食べ物ばかり口にしていると、体を冷やしてしまい、さらに夏バテの症状を悪化させる恐れがあります。

  1. 体温を上げる食べ物や香辛料を積極的に
  2. タンパク質/ビタミン・ミネラル類を補給する

夏バテを解消&予防する食事のコツは、主にこの2点になります。

適度な運動

>>夏バテ対策・予防!自律神経を整えるための運動方法

10well_askwell-tmagArticle

暑いのにわざわざ運動なんて・・・と思うかもしれませんが、運動することに悪いことは1つもありません。

  • 運動することで体温が上がる
  • 運動することでストレスが解消される
  • 運動することで快眠につながる

・・・などなど。日中に激しい運動をすると、日射病や脱水症状を引き起こす恐れがありますが…。

そのため、夏場の運動は比較的涼しい時間帯(早朝・夕方)に行うのがベスト。20分〜30分くらいのウォーキングを続けるだけでも、かなりの効果がありますよ^^

ゆっくりお風呂に浸かる

>>自律神経の乱れを整えるお風呂の入り方!夏バテ対策にも

1000_ohuro_a

夏場はサッとシャワーを浴びて済ませがち。ゆっくりお風呂に浸かるよりも短時間で済みますし、丁寧に体を洗えば汚れも落ちます(表面上は)

ただ、自律神経のバランスを整えるなら、ぬるめのお湯に15分くらいは浸かりたいところ。

お風呂に浸かることリラックス効果&体温が上がることはもちろんですが、毛穴が開くので汚れをしっかり落とすことができるんです。

時間が勿体無い・・・と思うかもしれませんが、健康のためにもぜひぜひ習慣化させたいところです。

質の高い睡眠

>>夏の夜は暑くて寝れない!熱帯夜でもぐっすり眠るコツまとめ

bigstock-man-comfortably-sleeping-in-hi-15694625

夏場は夜になってもジメジメ蒸し暑いですよね。熱帯夜でぐっすり眠るのってなかなか難しいです。

が、眠らないことには疲れが取れませんよね^^;

ぐっすり眠ることで疲れやストレスが解消され、自律神経を整えることができるので、ぜひ「質の高い睡眠」ができるように対策を試してみましょう。

まとめ

「食事の見直し」「適度な運動」「ゆっくりお風呂に浸かる」「質の高い睡眠」

この4つの方法は夏場だけでなく、1年を通して続けていきたいところです。できることをできる範囲でコツコツ継続していきましょう^^

【スポンサードリンク】
【スポンサードリンク】

コメントを残す