夏バテで食欲不振…さっぱり食事で予防・解消しよう!

Pocket


DB88_tuyoitatumaki15153912-thumb-815xauto-15874

夏場はどうしても食欲が落ちがち。冷たいジュースやビール・おつまみなんかは楽勝で口にできますが、いざバランスの良い食事を食べようとすると・・・ね。

ですが、冷たいジュースやビールは体を冷やす原因になりますし、不規則・偏った食事は自律神経を乱す原因になります。

食欲が落ちる夏だからこそ、食事を見直すチャンスです。

ということで今回の記事では、夏バテで食欲不振…さっぱり食事で予防・解消しよう!という内容をお届けしていきます。

夏バテに効く食品・栄養素

  • 肉類

meat-image

肉類の食べ過ぎはかえって体に毒ですが、程々であれば夏バテに負けない体を作ることができます。

豚肉(ヒレやモモが◯)はタンパク質やビタミンB1が豊富、鶏肉もタンパク質が豊富で消化が良いので胃腸への負担が軽い、牛肉はスタミナを付けるためには欠かせません。

ニンニク/生姜/トマト/チーズなどと一緒に食べるとVery Goodですb

  • レバー

0005011910F2_740x555y

好き嫌いが激しいレバーですが、栄養素が非常に豊富なのは有名ですよね。鉄分・タンパク質・ミネラル、夏バテに効果的な栄養素が豊富に含まれています。

自宅で食べる機会がない〜という人は、居酒屋や焼き鳥屋さんに行った時、おつまみとしてレバーを食べるようにするといいですよ^^

  • 枝豆

i_08-4

ビールのお供というイメージがある枝豆ですが、実は夏バテに効果的な食品なんです。というのも、枝豆にはビタミンB1やビタミンC、タンパク質といった夏バテ対策に欠かせない栄養素が含まれているからです。

毎日食べても飽きませんからね・・・(個人的に)ビールを飲む時は必ず一緒に食べたいおつまみです。

  • トマト

tomato

トマトに含まれている「リコピン」は美容や健康に効果的と言われています。が、トマトの力はこれだけではありません。

トマトは水分が豊富なので水分の補給にもなりますし、食欲増進&疲労回復効果もあるんです。

そのまま食べるも良し、トマトジュースを飲むのも良し。夏場は積極的に食べたい食品の1つです。

  • チーズ

P001174001

こちらも負けじと栄養素が豊富。タンパク質やビタミンAは牛乳の7倍、カルシウムは6倍も含まれているのだとか。

食べ過ぎるとカロリー過多になってしまいますが、間食として食べるくらいであれば強い味方になってくれます。

			
【スポンサードリンク】

以下、簡潔に食品と効果・効能をまとめていきます。

  • 柑橘類(みかん/レモン/グレープフルーツなど)
    水分補給&クエン酸で疲労回復
  • 豆腐
    タンパク質豊富、さっぱり食べやすい
  • 発酵食品(納豆/キムチ/味噌など)
    乳酸菌が豊富で免疫力を高めてくれる
  • ネバネバ食品(納豆/オクラ/ヤマイモなど)
    【ムチン】がタンパク質の消化吸収を促進
  • 麦茶
    血液をサラサラにしてくれる

夏バテ解消さっぱりレシピ

詳細>>夏バテ解消レシピ/クックパッド

クックパッドに載っているレシピの中から、個人的にオススメのレシピを5つピックアップしてみます。レシピ名をタップすると詳細を見ることができます。


トマトとささみ肉を同時に摂取できるのが魅力。さっぱりしていて食べやすいですし、栄養補給もしっかりできるのでオススメ。


お酢と生姜により食欲が増すので、夏場には持ってこいの一品。


鳥肉&トマト&ニンニクを同時に摂れます。カロリーも控えめなのでダイエット中の方にもオススメしたい一品。


お酒のおつまみにピッタリ。一味or七味唐辛子をスパイスで加えると、より一層美味しく食べられます。


これもお酒のおつまみにピッタリです。ヘルシー美味しい栄養豊富、悪い部分が一つもありません。

まとめ

自分で料理を作るのが面倒〜という場合は、コンビニ・スーパーに頼るのも手段です。お金はかかってしまいますが、色々な料理がおいてありますからね^^

また、居酒屋に行く機会が多い〜という場合は、使われている食品や栄養を考えてメニューを頼むようにしましょう。

【スポンサードリンク】
【スポンサードリンク】

コメントを残す