オカダカズチカって彼女いる?ふてぶてしい顔と名言が最高w

Pocket


show_news_icon

レインメーカーのリングネームでお馴染みのオカダ・カズチカ(本名:岡田和睦)今でこそカタカナ表記の名前ですが、デビュー当時は「岡田かずちか」というリングネームでした。

2011年〜TNAでの武者修行を行い、同年12月に新日本プロレスに復帰すると同時に、レインメーカー「オカダ・カズチカ」となりました。

今でこそトップレスラーの1人ですが、この時のブーイングたるや・・・今でも忘れません。

さて、今回の記事では、オカダカズチカって彼女いる?ふてぶてしい顔と名言が最高wという内容をお届けしていきます。

オカダ・カズチカって彼女いる?

おそらく「いない」はず。というのもオカダ・カズチカは、新日本プロレス社長の菅林氏から「結婚禁止令」が言い渡されているんです。現時点でも続いているのかは不明ですが、2013年2月の契約更改の時に結婚禁止の旨が書類に記載してあったとのこと。

ちなみに、オカダ・カズチカは87年1月8日生まれ。身長191cmという超長身/顔も割りかしイケメン/新日本プロレスでもトップクラスの人気・・・非の打ち所がありません。これで彼女がいないというのも不思議だし、勿体無い。

まぁ、タイミングとキッカケ次第でしょうね。

			
【スポンサードリンク】

ふてぶてしい顔と名言が最高w

オカダ・カズチカって良くも悪くも、あのふてぶてしい顔とセリフが魅力だと思います。

  • (感想は)特にありません。
  • お疲れ様でした。
  • 俺はホンモノだぞ!

・・・などなど。さらに、試合中のレインメーカーポーズなんて、ふてぶてしさMAXですよね。オカダがやるからこそうぉーっ!となるわけですが。

また、オカダ・カズチカらしさ溢れる名言(?)がこんな感じ。

  • (棚橋に向かって)2013年1月4日東京ドーム大会で、あなたの時代は終わりです。これからは!! 逸材に変わって、レインメーカーが新日本プロレスを引っ張って行きますんで、お疲れ様でした。
  • 鈴木さん、あなたは僕がこれから作る歴史のほんの小さな踏み台になっていただきますんで、お疲れ様でした
  • 真壁さん、あなたの「本物のプロレス」と「本物のオレがやるプロレス」その違いを、レベルの違いを、あなにしっかり「スッキリ」見せつけてやりますよ

オカダ・カズチカのベストバウトを挙げてみる

  • VS中邑真輔(8月10日:西武ドーム)
    スクリーンショット 2015-06-28 10.23.05

2014年G1クライマックス決勝戦。奇しくも同じユニット「CHAOS」に所属する2人の戦いとなりました。中邑真輔がボマイェを放てばオカダはドロップキックで迎撃。オカダがレインメーカーを放てば中邑は飛びつき式腕十字固めで対処。

一進一退の戦いが続きましたが、最後はオカダ・カズチカのレインメーカー3連発でKO。いやはや・・・この試合はマジで盛り上がりましたね。

オカダ・カズチカはまだ20代。これからもっともっと魅力が増していく年です(プロレスもプライベートも)。今後の活躍に期待していきましょう!

【スポンサードリンク】
【スポンサードリンク】

コメントを残す