腕を太くしたい!ダンベルを使った筋トレ方法5選

Pocket


Chad-Shaw-upper-arm-and-shoulder

太くたくましい腕は男なら誰しもが憧れます。細くてなよなよして何だか頼りなさそう・・・同性から見ても異性から見ても、あまり魅力的には思えませんよね。

何だかんだ言って男は顔かもしれませんが、ちょっとイケてなくてもそれを補えるくらいの筋肉があれば・・・多少プラスになるかもしれません。

ということで今回の記事では、腕を太くしたい!ダンベルを使った筋トレ方法5選という内容をお届けしていきます。

ダンベルがあると非常に便利

私はちょっと奮発して、25kg×2個のダンベルを購入しました。ジムや体育館に行けばダンベルやマシンが置いてありますが、移動する時間が勿体無いと思うんです。

しかも、独り占めすることができませんし、人の目も気になりますから、私はあまりジムや体育館でのトレーニングは好きではありません。

正直、ダンベルがあれば事足りますよ。アスリートレベルのパフォーマンスを求めているのであれば、ジムに通ってトレーナーさんに指導して貰う必要はあると思います。が、一般人レベル〜一般人でも上のレベル程度であれば、ダンベルがあれば十分です。

ただ、独学でのトレーニングは怪我をする可能性もありますから、最初の1〜2回はジムや体育館で指導を受けた方がいいかもしれません。

また、接骨院や整体院でも運動療法(トレーニング指導)を行っている場所がありますから、そういうところを活用するのも一つの手段です。

			
【スポンサードリンク】

自重トレではダメ?

痩せる」ことを第一とするのであれば、自重トレでもOKです。が、筋肉を太く大きくするのであれば、ダンベルやマシンを使った方が遥かに効率的です。

  • 高負荷少回数=速筋(筋肥大)
  • 低負荷多回数=遅筋(持久力)

どのようなスポーツをするのかによって鍛え方が異なってきますが、単純に「腕を太くする」だけなら、以下5つのトレーニング方法を行っていけばOKです。

腕を太くするダンベルトレーニング5選

※名前をクリックで詳しいフォームの動画が再生されます。


dumbbells_2

腕を太くする」と聞くと、力こぶ(上腕二頭筋)を鍛えるイメージがあると思います。が、表側だけでなく裏側の部分(上腕三頭筋)も鍛えないと、大きくなったことが感じられません。

上記5つのトレーニングを満遍なく行い、上腕二頭筋・上腕三頭筋を鍛えていきましょう^^

筋トレの日数と食事のコツは?

1週間に何日行えばいいのか?どんな食事を摂ればいいのか?詳細をこちらの記事で解説しているので、ぜひ参考にしてみてください^^

>>筋トレは毎日しても逆効果?目安とオススメの食事メニュー!

【スポンサードリンク】
【スポンサードリンク】

コメントを残す