胸筋を鍛える方法!ダンベル以外の器具で行う運動は?

Pocket


F-a04_01

胸筋を鍛える方法といえば、「ベンチプレス」「ダンベルフライ」「チェストプレス」「プッシュアップ」などのトレーニングが挙げられます。

が、器具を使って鍛える〜となると、基本的にはジムに行かないとトレーニングできませんよね。自宅に器具が一式ある〜となれば話は別ですが、あるとしてもせいぜいダンベルくらいでしょう。

ということで今回の記事では、「ダンベルなどの器具を使って胸筋を鍛える方法」と「器具を使わずに鍛える方法(主に自重トレーニング)」をご紹介していきます。

器具を使って胸筋を鍛える

  • チェストプレス/ベンチプレス

週に1日でも2日でもジムに行く時間があるのであれば、積極的に器具を使って胸筋を鍛えましょう。

おそらく、ほとんどのジムに「チェストプレス」の器具は置いてあるはずです。正しいフォームでチェストプレスを行えば、それだけでも十分に胸筋を鍛えることができます。

			
【スポンサードリンク】

チェストプレスのポイントは「正しいフォームで行うこと」です。どのトレーニングにも共通していることですが、フォームを崩さずに行うことが最大のポイントです。

動画>>【筋トレ】チェストプレスで大胸筋を10倍効率的に鍛える方法


ジムでベンチプレスが出来る場合は、並行して行ってもOK。ただ、ベンチって置いてあるジムと置いていないジムがあるんですよね^^;

ベンチプレスは確かに胸筋を鍛えるのにはもってこいのトレーニングですが・・・器具が置いてないと話になりません。

このことを考えると、コツコツとチェストプレスを継続して行う方が効率的だと言えますね。


  • ダンベルフライ

自宅にダンベルがある〜という場合は、ダンベルフライをやってみましょう。こちらも最初は軽い重量でOK。まずは正しいフォームで行うことを意識して、徐々に重量を上げていきましょう。

動画>>初心者もわかりやすい胸を鍛えるダンベルフライの効いてる〜!ってわかるフォームを解説!

器具を使わずに鍛える方法

器具を使わずに胸筋を鍛える方法は「プッシュアップ:腕立て伏せ」に限ります。一言にプッシュアップと言っても、方法が色々あるんですよ。

これを紹介するとさらに長くなってしまうので、別記事で詳細を紹介させていただきますね^^

参照>>胸筋を鍛える腕立てのやり方!メニューや回数をご紹介

最後に

一言アドバイスなのですが、胸筋を鍛える意味って実はそれ程ないんです。見た目は男らしくなりますが、胸筋を鍛えても日常生活で得られるメリットって・・・正直ありません。

ですので、胸筋よりも腕や腹筋・背筋などを鍛えた方が実用性は高いと言えます。

参照>>胸筋を鍛える意味ってあるの?見た目以外のメリットは?

【スポンサードリンク】
【スポンサードリンク】

コメントを残す