思春期ニキビと大人ニキビの違いとは?原因や対処・治療法など

Pocket


3515945053_4404ec323a_o

思春期ニキビ」と「大人ニキビ」の違いって何だと思いますか?単に出来る年代が違う〜という要素もありますが、違いはこれだけではありません。

ということで今回の記事では、思春期ニキビと大人ニキビの違いとは?原因や対処・治療法など!という内容をお届けしていきます。

思春期ニキビとは?

原因

思春期ニキビは「皮脂の分泌」が原因で、できることが多いと言われています。顔の部分で言うとTゾーン(おでこ〜鼻)にできやすいのが特徴です。

Tゾーンって顔の中でも皮脂分泌量が多いので、どうしてもニキビができやすいんですよね。

そもそも論として、なぜ皮脂分泌量が多いのか?という疑問も出てきます。これは思春期という年代が大きく関係しています。

			
【スポンサードリンク】

思春期(中学生〜高校生)って成長期と被る時期でもありますよね。この時期は成長ホルモンがたくさん分泌され、その刺激によって皮脂も過剰に分泌されるんです。

その結果、毛穴が詰まりやすく・ニキビ菌が繁殖しやすくなるというメカニズムになっています。

10代後半〜20代前半になると成長期も終わりますから、成長ホルモンの分泌も少なくなるので、思春期ニキビができなくなります。

対処法

正しいスキンケアを心がけることが、思春期ニキビの最大の対処法になります。生活習慣や食生活を整えるのももちろんですが、それ以上に大事なのがスキンケア。

自分に合った洗顔フォーム・化粧水を見つけること、フェイシャルペーパーなどでこまめに皮脂を取ってあげることがポイントです。

ただ、1日に3回も4回も洗顔をしたり、1時間に1回フェイシャルペーパーを使ったりすると、かえって皮脂分泌量を増やしてしまうので要注意です。

大人ニキビとは?

6429378-One-single-red-pimple-is-seen-on-this-young-adults-forehead-isolated-on-white-background-Stock-Photo

原因

思春期ニキビの原因が「皮脂の過剰分泌」だったのに対し、大人ニキビは原因が一つではありません。

  • 生活習慣の乱れ
  • 食生活の乱れ
  • 石鹸などの洗い残し
  • 前髪の刺激
  • スキンケア用品が合っていない

・・・などなど、人によってできる原因も部位も異なるのが特徴です。一般的に大人ニキビができやすい部位と言われているのは、Uゾーン(あご〜ほっぺ)です。

対処法

なぜニキビができたのか?その原因を推測することが第一段階です。もしかしたらこれが原因かな?と判断したら、その原因を解消するための生活を送りましょう。

生活習慣が乱れていたら正す、ストレスが溜まっていたら発散する・・・などなど。日常生活をキチンと正せば、大人ニキビは治すことができます。

【スポンサードリンク】
【スポンサードリンク】

コメントを残す