化粧水の選び方!乾燥・混合・ニキビなど目的別で決めよう!

Pocket


140227_sawada_0218_480_360

どんな化粧水を使えばいいのか分からない・・・。肌質別に分かれているけど、本当にそれがオススメなのか、イマイチ信じられない・・・。

様々なメーカーが目的別に販売している化粧水ですが、正直どの化粧水を使えばいいか分からない〜という人も少なくないようです。

今回の記事では、化粧水の選び方!乾燥・混合・ニキビなど目的別で決めよう!という内容をお届けしていきます。

化粧水の選び方(1)肌質チェック

肌質は大きく5つに分けられます。

  1. 敏感肌:すぐに肌が炎症を起こしてしまう
  2. 脂性肌:常に皮脂が出ている
  3. 乾燥肌:常に乾燥している
  4. 混合肌:Tゾーンは脂っこいけどほっぺは乾燥しているなど
  5. 普通肌:皮脂と水分のバランスが取れている

こちらのページで紹介されている方法で、自宅で簡単に肌質チェックが行えるので、ぜひ実践してみてください^^

>>自宅で出来る簡単肌質チェック

化粧水の選び方(2)目的をはっきりさせる

単に保湿のために使うのか、それともニキビケアのために使うのかなど、化粧水の使用用途をはっきりさせましょう。化粧水によって期待できる効果・効能が異なりますからね。

ちなみに、肌質による化粧水の使用目的と化粧水のタイプはこのような感じ。ただし、敏感肌の場合は肌のターンオーバーを正常化させる必要があるので、洗顔石鹸や化粧水の使用を控え「水洗顔」の実践をオススメします。

  • 敏感肌:洗顔石鹸や化粧水などを一切使わずに、水洗顔を行う。
  • 脂性肌:皮脂の過剰分泌を防ぐために、サッパリタイプを使う
  • 乾燥肌:保湿成分を角質層に届ける役割をする化粧を使う
  • 混合肌:乾燥肌と同じようなしっとりタイプを使う
  • 普通肌:アンチエイジングなど肌の機能を向上させよう
			
【スポンサードリンク】

化粧水の選び方(3)ニキビなど肌トラブルの有無

ニキビや炎症ができている〜という場合は、それをケアしてくれるような化粧水を使いましょう。ただし、このような肌トラブルが発生している場合は、正しい化粧水を使わないとかえって悪化させる可能性があります。

また、化粧水だけでケアするのではなく、洗顔石鹸でのケアや食生活・生活習慣の見直しも必須になってきます。

根本的にニキビをケアする〜という場合は、こちらの記事を参考にしてみてください^^

>>ニキビを予防・対策するために欠かせない5つのコト

化粧水の選び方(4)実際に選んでみよう!

肌質・化粧水の使用用途がはっきりとしたら、いよいよ化粧水を決める段階になります。一番簡単な選び方は、ドラッグストアや化粧品売り場で店員さんに相談することです。

ネット上で情報を検索して、口コミを参考にして購入する〜ということもできますが・・・実際に付けてみないとわかりませんよね^^;

ネット上では「市販の化粧水はオススメできません。ネット通販限定のこの化粧水を使いましょう」と紹介しているサイトも多いですが・・・。高いからいい!というわけでもありませんからね。

最後に

化粧水や洗顔石鹸などって「安かろう悪かろう」というイメージを持っている人も少なくありません。が、安〜いものを使っていたとしても、食生活や生活習慣が正しければ全然問題ありませんよ。

事実、私は水洗顔とコンビニで買えるような化粧水しか使っていませんが、目立った肌トラブルは出ていませんので。

なんだかんた、食事・睡眠・運動ですよ。

 

【スポンサードリンク】
【スポンサードリンク】

コメントを残す