市販シャンプーの種類と特徴一覧!正しい選び方のコツは?

Pocket


5a26993c94b821d544ba64be9c45c8f5

まだそんなシャンプー使ってるの?

毎日のようにテレビで目にするシャンプーのCM。あれだけの種類がありますから、どれを選べばいいかわからなくなりますよね^^;

シャンプーなんかにお金を使うのは勿体無いから、安いヤツでいいよ〜・・・←これ、やめた方がいいです、マジで。

今回の記事では、市販シャンプーの種類と特徴一覧!正しい選び方のコツは?という内容をお届けしていきます。

市販シャンプーの種類と特徴

シャンプーの種類は「高級アルコール系/石鹸系/アミノ酸系」の3つに分けられます。

高級アルコール系

パンテーン_2

  • 主な成分:ラウリル硫酸Na/ラウレス硫酸Naなど
  • 特徴:洗浄力が非常に強い

「高級」という表現を見ると「高品質」なのかな?と思ってしまいますが、全くもってそんなことありません。高級アルコール系の高級とは、「炭素数の分子量が大きい」ということを表しています。

高級アルコール系シャンプーの最大の特徴は、洗浄力の高さにあります。CMで流れているようなシャンプーのほとんどは、この高級アルコール系シャンプーに分類されます。

			
【スポンサードリンク】

ア◯エンス/パ◯テーン/スカルプ◯・・・などなど。某育毛系サイトでは「汚れと同時に何もかも奪う、ラウレス硫酸系」と表現されています。

泡立ちの良さと洗浄力の強さは、確かに洗っていて気持ちいいと感じます。が、これは勘違いだということですね。

洗浄力があまりにも強すぎるがゆえ、頭皮に必要な水分や皮脂までも洗い流してしまい、大きなダメージを与えてしまいます。

石鹸系

IMG_4018

  • 主な成分:脂肪酸Na/脂肪酸Kなど
  • 特徴:天然成分の界面活性剤を使用

高級アルコール系シャンプーとは異なり、天然成分の界面活性剤を使うので安全性が高い〜と言われています。が、石鹸系シャンプーは「アルカリ性」になっているので、頭皮のpH値を崩してしまう恐れがあります。(頭皮は弱酸性なので)

pH値が崩れると、頭皮トラブルや抜け毛・薄毛を引き起こす原因にもなります。また、石鹸系シャンプーを使うと「髪がパサつく」とか「髪がキシむ」ということもあります。

なので、石鹸系シャンプーを使う場合は、コンディショナーなどを併用する必要があります。これがちょっと面倒な点ですね^^;

アミノ酸系

aminoshampoo_title

  • 主な成分:ラウロイルメチルアラニンNa:ココイルグルタミン酸Naなど
  • 特徴:低刺激なので頭皮へのダメージが少ない

3つの種類の中では、最も低刺激で頭皮へのダメージが少ないです。そのため、肌が弱い/頭皮トラブルを抱えている/髪の毛をいたわりたい、という人には最適なシャンプー。

その分「洗った感」が少ないのがデメリットですね。洗浄力を感じたい〜という人は高級アルコール系や石鹸系シャンプーを使いましょう。

正しい選び方のコツは?

どのシャンプーの種類にも一長一短あるので、どれを選べばいいのか?正直わかりませんよね。

シャンプーを選ぶ時のポイントは、主に3つあると思います。

  1. 値段
  2. 含まれている成分
  3. 成分によって期待できる効果

この中でどれを再優先にするかによって、シャンプーの選び方が異なってきます。とにかく安いものがいい/とにかく安全なものがいい/とにかく頭皮環境を良くしたい、などなど。

参考として、筆者が独断と偏見で選んだおすすめシャンプーを紹介させていただきます^^

参考>>[男性向け]シャンプーのオススメを3つピックアップしてみた

【スポンサードリンク】
【スポンサードリンク】

コメントを残す