水虫を予防するオススメ対策5つ【靴/靴下/お酢など】

Pocket


rubbing-foot

水虫を予防するためには「清潔」「乾燥」の2点を意識すると効果的です。水虫は白癬菌(はくせんきん)というカビの一種が寄生することで症状が出てきます。

さらに、この白癬菌はヒトからヒトへと感染するという特徴があります。つまり、家族で誰かが水虫になっていると、他の人にも感染してしまう可能性があります。

今回は水虫を予防するオススメ対策を5つピックアップして紹介していきます。

水虫を予防する5つの対策

足を良く洗う

1日の中でこまめに足を洗えればいいのですが、なかなかそうはいきませんよね^^;後ほど詳しく解説しますが、日中は靴や靴下を履き替えることで水虫の予防につながります。

さて、足を良く洗うということは水虫予防に欠かせない対策です。特に入念に洗いたいのは指と指の間です。足の裏は入念に洗っているけど、指の間はそれ程〜という人も少なくないかもしれません。

指1本1本を洗うと同時に、指の間も石鹸で丁寧に洗いましょう。そして、洗った後はしっかり乾燥させましょう。

靴を履き替える

Converse-Shoes

通勤用の靴は2足〜3足揃えておくことが理想的です。毎日交互に靴を履き替えることで、靴に溜まった湿気を取り除くことができます。さらに、通勤用と仕事用の靴を分けて履くと効果的です。

靴を選ぶ時に気を付けたい点は通気性です。あまり窮屈過ぎるサイズだと蒸れて白癬菌が繁殖しやすくなってしまいます。

一番いいのは素足でサンダルを履くこと。素足だと足のケアがしやすいですし、サンダルを履くことで蒸れを予防することもできるので。

靴下を履き替える

socks_

蒸れた状態の靴下を履き続けるのは好ましくありません。予備の靴下を常備しておいて、蒸れたな〜と思ったらこまめに履き替えるとベストです。

理想的な靴下は五本指ソックスです。通気性に優れているので、水虫予防にも効果的です。

			
【スポンサードリンク】

家を清潔にする

冒頭でも紹介したように、水虫の原因である白癬菌はヒトからヒトへと感染します。1人暮らしであればそれ程気にしなくて大丈夫ですが…

家族で暮らしているという人は、タオル/スリッパ/バスマットなどを別々で使うようにしましょう。また、こまめに掃除(特に床)をすることも忘れずに。床の上に白癬菌があると、そこから家族に感染する可能性があるので。

お酢を使ってケア

6decadf4b0589cffaba52b70ad963b89

足にお酢?と思うかもしれませんが、お酢の持つチカラは計り知れません。お酢を使った水虫の対処方法が次のようなものです。

  1. 38℃〜40℃くらいのお湯1リットルに対し、お酢を50ml加える(洗面器を使うと◯)
  2. 10分〜15分くらい患部を浸ける。
  3. 終わったらシャワーで洗い流す。

※これは民間療法の一種で、病院で行われている治療ではありません。この方法で水虫が治ったという人もいますが、効果の出方には個人差があります。

まとめ

水虫を予防するオススメ対策を5つピックアップして紹介してきました。

  1. 足を良く洗う
  2. 靴を履き替える
  3. 靴下を履き替える
  4. 家を清潔にする
  5. お酢を使ってケア

これらの予防・対策を行っても水虫になる場合もありますので、その時は早めに皮膚科を受診しましょう。

【スポンサードリンク】
【スポンサードリンク】

コメントを残す