腹筋を割りたい!シックスパックになる体脂肪率の目安は?

Pocket


20120805012736

6個に割れた腹筋「シックスパック」。ゴリゴリに鍛えている人の中には、8個に割れている「エイトパック」になっている人もいますが・・・あそこまで行くと正直気持ちが悪い。

何事も「程よく」が一番です。程よく鍛えられた腕、程よく鍛えられた胸板、そして6個に割れた腹筋。

今回の記事では、腹筋を割りたい!シックスパックになる体脂肪率の目安は?という内容をお届けしていきます。

もともと腹筋は割れている

腹筋を6個に割る=腹筋を鍛えなければいけない、というイメージをお持ちかもしれませんが、実はもともと腹筋って割れているんですよ。ただ、6個の筋肉がそれぞれ独立しているのではなく、「腹直筋の上にスジが張られている」ため、6個に割れているように見えるんです。

では、なぜ割れた腹筋が浮かび上がってこないのか?というと、理由は2つあります。

			
【スポンサードリンク】

1つ目の理由は「脂肪」です。もともと6個に割れている腹筋も、その上に脂肪が乗っかってしまっては元も子もありません。

もう1つの理由は「腹直筋の大きさ」です。腕や胸板などを鍛えると、どんどん大きくなっていきますよね?腹筋(腹直筋など)もこれと同じで、負荷をかけて鍛えていくほど、どんどん大きくなっていきます。すると、6個に割れている腹筋の1つ1つが「よりしっかり」して見えるようになります。

腹筋をキレイに割る方法は2つ

目安となる体脂肪率まで落とす

fat

腹筋が6個に割れて見えるようになるには、体脂肪率が15%以下にする必要があります。15%を切ると6個に割れている線が見えるようになり、10%を切るとよりハッキリと見えるようになります。

この時意識するのは、体重を落とすのではなく「体脂肪率を落とすこと」を考えてください。

食事制限や有酸素運動を行えば簡単に体重を落とすことができます。が、脂肪だけでなく筋肉も落ちてしまう可能性があります。

そのため、筋トレも同時に行っていくことが大事なんです。筋肉は脂肪よりも重いので、筋トレを続けていたら体重が増えた〜ということがありますが、体脂肪率は落ちています。

大事なのは体重ではなく「体脂肪率」ということをお忘れなく。

筋肉を大きくする

体脂肪率を落とすことはもちろんですが、腹筋(腹直筋)そのものを大きくすることも大事。そうすることで1つ1つの区画がよりキレイに見えますからね。

腹筋を大きくするためのトレーニング方法に関しては、こちらの記事を参考にしてみてください^^

参考>>腹筋を割る!確実に超短期間で効果の出る方法を紹介

【スポンサードリンク】
【スポンサードリンク】

コメントを残す