糖質制限ダイエットの正しい方法!OKな食品やNGな食品は?

Pocket


Pro-Energy-Regina-Ideal-Protein-East

糖質制限ダイエットとは、砂糖がたくさん含まれているお菓子や、炭水化物であるご飯・パン・麺類などの摂取量を制限するというダイエット方法です。

色々あるダイエット方法の中でも、個人的には糖質制限が一番簡単で効果も出やすいと思っています。

今回の記事では、糖質制限ダイエットの正しい方法!OKな食品やNGな食品は?という内容をお届けしていきます。

糖質制限ダイエットの正しい方法

「制限」であり「禁止」ではない

完全に糖質(炭水化物)を摂取しない!というわけではありません。あくまでも「制限」ですからね。

糖質制限ダイエット実践者の中には、完全に糖質を制限している〜という人もいます。が、これはもはや「制限」ではなく「禁止」ですよね。

これはストレスの大きな素になります。確かに完全に糖質を禁止にすれば、短期間で痩せることも可能です。が、リバウンドのリスクも高いです。

某プライベートジムのライ◯ップが、その最たる例ですよ。広告塔に起用したタレントさん、2ヶ月で体重が77kg→70kg/体脂肪率20%→13%まで減りましたが・・・リバウンド疑惑が浮上しています。

コレはコレで1つの正しい方法なのですが、リスクが高すぎます。

			
【スポンサードリンク】

「食事」制限ではない

糖質制限/炭水化物制限は「砂糖や炭水化物」を制限するダイエット方法であり、食事そのものを制限するダイエット方法ではありません。

ご飯やパン・麺類・お菓子やスイーツは控える必要がありますが、それ以外の食べ物、例えば肉・魚・野菜まで控える必要はありません。むしろたくさん食べなければいけません。

摂取カロリーは意識する必要がありますが、糖質/炭水化物以外を制限する必要はありません。

糖質制限中のOKな食品/NGな食品

OKな食品

images

  • 肉全般
    (ただし、唐揚げなどの揚げ物は控えめに)
  • 魚全般
  • 野菜全般
    (ただし、ジャガイモなどのイモ類は控えめに)
  • マヨネーズ
  • 醤油
  • オリーブオイル

大雑把ではありますが、糖質や炭水化物の含有量が少ない食品は、基本的に「何でも」OK。

肉や魚はタンパク質を豊富に含みますから、体の組織を形成するためにも積極的に食べたいところ。野菜に関してはジャガイモ・さつまいもなどの「イモ類」は控えめに。なぜかというと、イモ類には糖質が多く含まれているからです。

マヨネーズやオリーブオイルなどの油はダイエットの大敵のように思えますが、糖質や炭水化物を含有量が少ないので問題ないんです。

NGな食品

LowCarbDiet-300x187

  • ご飯
  • パン
  • スイーツ全般

先ほどもお話したように「制限」ですからね、「禁止」するわけではありませんので。1日1食〜2食これらの食品を抜く方法が最もストレスが少なくて済みます。私が実践している方法は朝/夜に炭水化物を抜くという方法です。

お昼には普通にご飯や麺類を食べるのですが、「なるべく色の付いたもの」を食べるようにしています。

ご飯だったら白米ではなく五穀米とか十穀米、パンだったらライ麦パン、麺だったら蕎麦という感じ。

まとめ

糖質制限/炭水化物制限は、効果が出やすいし続けやすいダイエット方法だと思っています。正しい方法で続けていけば、誰でも間違いなく効果がでるはずですよ^^

参考>>糖質制限ダイエットで感じた5つの効果!実践者の口コミまとめ

【スポンサードリンク】
【スポンサードリンク】

コメントを残す