糖質制限ダイエットで感じた5つの効果!実践者の口コミまとめ

Pocket


low-carb-diet

ご飯やパン、麺類などの炭水化物を控えるだけで出来る「糖質制限ダイエット」。似たようなダイエット方法として「炭水化物制限ダイエット」というものもありますが、炭水化物とは食物繊維と糖質を含めている呼び方。

ですので、ちょっと細かい言い方をすれば、糖質制限=糖質だけを制限する、ということになります。(ややこしくなるため、糖質=炭水化物という意味合いで使われていることも多いです)

今回の記事では、糖質制限ダイエットで感じた5つの効果!実践者の口コミまとめ!という内容をお届けしていきます。

糖質制限ダイエットで感じた5つの効果!

筆者自身、糖質制限ダイエットを実践して3ヶ月で約10kg近くのダイエットに成功することができました。糖質制限をするだけでなく、定期的に運動や筋トレを行ったおかげもあるでしょうが、今まで行ったダイエットの中では最も簡単に・挫折することなく続けることができました。

では、糖質制限ダイエットをすることで得られた・感じた効果はどんなものがあるのか?それをここからは紹介していこうと思います。

単純に痩せた

筆者は身長175cmなのですが、一時期は75kgまで太っていました。「そんなの全然太ってないって!」という意見もあるかもしれませんが、筆者のベスト体重は65kgなので、75kgという体重はおデブちゃんでした。

お腹がぽっこりしている、運動中も何だか体が重いし思うように動けない・・・こんなの自分じゃない!と思って、糖質制限ダイエットに踏み切りました。

糖質制限ダイエットを始めて1週間くらいは、食事が物足りないな〜と思っていたのですが・・・自然と慣れました。

慣れたらもうこっちのものです。停滞期もありましたが、地道にコツコツ糖質制限ダイエットを続けていったら、3ヶ月で約10kgの体重を落とすことができました。

			
【スポンサードリンク】

体脂肪率が落ちた

体重が落ちれば必然的に、体脂肪率も落ちるものです。75kgあった時は体脂肪率が20%近かったのですが、今では11%〜12%の間を推移しています。

これは糖質制限ダイエットだけでなく、有酸素運動や筋トレも同時に行ったからこその効果だと思います。

ただ痩せるだけだと筋肉も落としてしまいます。そして、筋肉が落ちると基礎代謝も低下してしまうので、太りやすい体質になってしまいます。

糖質制限ダイエットだけに限らず、何かしらのダイエットを実践する時は、体重を落とすことだけを目標にするのではなく、体脂肪率を落とすことにも意識を向けたほうがいいですよ。

眠くなりにくい

筆者は朝と昼に糖質を制限していたのですが、そのおかげもあってか昼食後の急激な眠気がなくなったんです。

ご飯やパン、麺類などの炭水化物(糖質)を食べた後は血糖値が上昇します。で、上昇した血糖値が急激に下降することで眠気が引き起こるんですね。

急激な眠気が襲ってこなくなったおかげで、午後の仕事の入りもスムーズになり、生産性も向上した気がします(個人的に)

朝スッと起きれる

これも糖質制限を行った効果だと思うのですが、今までに比べて朝スッと起きられるようになりました。

医学的なメカニズムはわかりませんが、朝の時間にある程度余裕ができたので、の〜んびり仕度ができるようになりました。

食事に気を遣うようになった

3ヶ月も糖質制限ダイエットを続けていれば、食事や栄養素のバランスがある程度わかってきます。

この食品とこの食品を摂れば、こんな感じの栄養バランスになるな…。これだとちょっと足りないから、これもプラスしてみようかな?という感じ。

なんちゃって栄養士というか健康オタクというか・・・。栄養バランスって健康な体を作るためには欠かせませんから、いい感覚が身に付いたな〜と思います。

low_carb_diet

実践者の口コミまとめ

最後に

いかがだったでしょうか?糖質制限ダイエットで感じた5つの効果!実践者の口コミまとめ!という内容をお届けしてきました。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【スポンサードリンク】
【スポンサードリンク】

コメントを残す