蚊に刺されやすい人の9つの特徴とは?

Pocket


july02_a13

夏場の大敵「」。バーベキューや花火大会を楽しんでいる時に刺された〜とか、寝ている間に刺された〜とか、ありとあらゆる場面で刺されてしまいます。

で、そんな厄介な蚊ですが、「刺されやすい人」と「刺されにくい人」がいること、ご存じですか?

今回の記事では、蚊に刺されやすい人の9つの特徴とは?という内容をお届けしていきます。

蚊に刺されやすい人の9つの特徴

まずは9つの特徴をざっとご紹介します。

  1. 男性
  2. O型
  3. 肥満体型
  4. 汗っかき
  5. 足が臭い
  6. よくお酒を飲む
  7. 黒い服を着ている
  8. 妊婦さん
  9. 香水を付けている

え?そんなこと関係あるの?と思ってしまう特徴もありますが、ここからはそれぞれの特徴の解説に移ります。

(1)男性

女性よりも男性の方が、蚊に刺されやすいと言われています。単純に男性だから〜というよりも、他の特徴と組み合わさっていることが多いからです。

例えば、男性の方が「汗をかきやすい」「足が臭い人が多い」「よくお酒を飲む」・・・などなど。また、男性の方が女性よりも体温が高い傾向にあるので、これも蚊に刺されやすい人の特徴の1つです。

(2)O型

O型>B型>AB型>A型、という順番になっているようです。「いや、私、A型だけどめっちゃ刺されるw」と思う人もいるかもしれませんが、血液型以外にも刺されやすい人の特徴はたくさんありますからね。

ちなみに、O型の人はA型の人よりも「約2倍」刺されやすいと言われています。

(3)肥満体型

肥満体型の人って得てして「汗っかき」ですよね。また、単純に考えて体のサイズも大きいわけですから、それに伴い「刺される範囲も広い」ということが言えます。

			
【スポンサードリンク】

(4)汗っかき

汗に含まれている「乳酸」のニオイに反応して、蚊が寄ってきます。また、先ほども紹介したように、蚊は熱に反応するので「体温が高い人」の方へ寄っていきます。

なので、運動中・運動後・お風呂あがりの時間は特に刺されやすくなる、ということが言えます。

(5)足が臭い

足って体の中でも一番「汗をかきやすい」部分ですが、その分ニオイも強烈ですよね、人間にとっては非常に不快なニオイですが、蚊にとっては足のニオイが大好きなんだとか。

(6)よくお酒を飲む

特に「ビール」を飲んだ後は要注意なんだとか。お酒を飲んだ後って、アルコールを分解するために「二酸化炭素」が多く排泄されるんです。

で、蚊はこの二酸化炭素に反応するという特徴があるので、結果的に飲酒後は蚊に刺されやすい〜ということになります。また、お酒を飲むと体温が上がりますからね。この影響もあると言えます。

(7)黒い服を着ている

蚊は「暗い色」に寄っていくという習性があります。つまり、黒い服やダークカラーの服を着ているは、蚊にモテモテになる〜ということですね。

(8)妊婦さん

肥満体型の人と同じ原理なのですが、妊婦さんも体の面積が広くなりますから、それに伴い刺されやすいと言われています。また、お腹の赤ちゃんが大きくなっていくと圧迫される力が強くなり、呼吸の回数が多くなります。

呼吸をする時ってに二酸化炭素を排泄しますから、これに蚊が反応して寄ってくる〜ということになります。

(9)香水を付けている

香水や化粧品に含まれている成分に蚊は反応します。日頃から香水を付けている〜とか、毎日バッチリメイクをキメている〜という人は要注意ですね。

蚊に刺されにくくするには?

ポイントは「清潔感」です。こまめに汗を拭き取るだけでも、蚊を寄せにくくなります。他にも、食生活を見直したり対策アイテムを活用すれば、格段に刺されにくくなりますよ^^

参考>>蚊に刺されたくない!刺されにくくする6つの対策

【スポンサードリンク】
【スポンサードリンク】

コメントを残す