ツーブロックを自分で!後ろや襟足をセルフでキレイに刈る方法

Pocket


Side-Part-Hairstyles

ツーブロックを入れるためだけに美容室や床屋さんに行くのは面倒だ・・・そんなあなたは「セルフ」でツーブロックにチャレンジしてみませんか?

初めてのツーブロックは、美容室や床屋で入れてもらうことをオススメしますが・・・その後の手入れはバリカンを使えば割りかし簡単にできます。

ということで今回の記事では、ツーブロックを自分で!後ろや襟足をセルフでキレイに刈る方法!という内容をお届けしていきます。

ツーブロックを自分で行う時に必要な道具

ツーブロックを入れる時に欠かせない道具が「バリカン」です。が、必要な道具はバリカンの他にも3つあります。その詳細は・・・こちらの記事でご確認ください^^

参照>>自分1人でツーブロック!セルフに必要な道具はバリカン以外にも

			
【スポンサードリンク】

ツーブロックを自分で入れてみる

サイド編

最もオーソドックスなタイプが「サイドのみ」にツーブロックを入れるという髪型。ヘアクリップやヘアバンドで上から被せる部分を押さえ、バリカンで刈るだけです。

1回目はめちゃくちゃ緊張しますが、ただ刈るだけなので特に面倒なことはありません。焦らずじっくりバリカンでなぞればOKです。

参考動画>>【ツーブロック必見】自宅でツーブロックの整え方の紹介

後ろ&襟足編

7530251d282634378092df0066494b25

ツーブロック上級者ともなると、後ろ〜襟足部分にも入れるんですよね。かなり個性的な髪型になりますが、オシャレ感は抜群です(似合っていれば)

ただ、後ろとか襟足って自分の目で見えないので、サイドに比べてやや難易度は高めです。が、先程の動画内でも紹介されているように、「」と「ヘアバンドorヘアクリップ」を活用すればOK。

ツーブロックを入れる部分を最初に決めておき、後はバリカンでなぞるだけ。ツーブロックとそれ以外の境目の部分さえ気をつければ、案外簡単にできてしまいます。境目の部分も、余程強い力でバリカンを上に押し込まない限り大丈夫。

参考動画>>【ツーブロック必見】自宅でツーブロックの整え方の紹介

セルフツーブロックのメリット

節約」です。

ツーブロックの手入れくらいであれば、1,000円カットでもできますが・・・。1ヶ月に2回行くとなると「2,000円」、年間を通すと「24,000円」の出費になります。

たかが坊主にするだけなのに、年間24,000円の出費って大きいですよね^^;であれば、セルフでツーブロックを入れる方がかなりの節約になります。節約して浮いたお金を他の部分に使えますからね。

【スポンサードリンク】
【スポンサードリンク】

コメントを残す