電車内で赤ちゃんが泣いててうるさい!考えられる対処法3つ

Pocket


getty_rf_photo_of_parents_kissing_infant

つい先日、私が経験したこと。お昼過ぎの電車に乗り込んだら、赤ちゃんの鳴き声やわめき声がうるさいうるさい…。

1駅2駅など短時間であればそれ程気に留めなかったのですが、5駅(約25分)の間赤ちゃんの鳴き声を聞き続けたら、ちょっとイラッとしてしまいました。

まぁ、電車は公共の乗り物ですから、お金さえ払えば誰でも乗れるものです。もちろん赤ちゃん連れているからといって、乗ってはいけないというルールはありません。

では、電車内で赤ちゃんが泣いていてうるさいという時は、どのような対処が考えられるでしょうか?

考えられる対処法

音楽を聞いてごまかす

一番簡単な方法がこれでしょう。ちょっと大きめの音量で好きな音楽を聞いていれば、赤ちゃんの鳴き声も多少は聞こえなくなります。

この時、ノイズキャンセリング機能が搭載されているイヤホンを使うとより効果的です。ノイズキャンセリングとは音楽が周囲の雑音で邪魔されないように、それを除去する機能です。

SONYのMDRシリーズなどが代表的です。

車両を変える

関東・関西など首都圏の電車では難しいかもしれませんが、地方都市を走る電車は満員にならない時間帯も多いです。

周りの席や隣の車両の様子を見てみて、移動できる余裕がありそうだったら、車両を変えて座る(立つ)のも一つの手段です。

さすがに赤ちゃんの鳴き声が隣の車両にまで聞こえるということはないでしょう。

			
【スポンサードリンク】

赤ちゃん連れの気持ちに立ってみる

もし、自分が赤ちゃんを連れて電車に乗ったらどうするかということを考えてみましょう。周りから冷たい目で見られるのかな?電車に乗らない方がいいのかな?どうやってあやせば泣き止むんだろう?などなど、色々と考えると思います。

自分本位でなく相手本位になってみると、イライラしている気持ちも落ち着きますよ。

他の人の意見を見てみよう

こちらのページを見てみると、公共交通機関で子供の声が気になった経験がある人が半分以上いることがわかります。また、その時の対処法は我慢/さりげなくアピール/自分が移動するなどが挙げられています。

他の人のコメントを見てみると非難の声・辛口な内容も多く見受けられますが、これが現実ですよね。

赤ちゃんを連れて移動する時は車が一番と言えそう。どうしても公共交通機関を使わなければならない場合は、時間帯を選ぶとか泣いた時の対処法を覚えておくなどの工夫が必要と言えます。

baby-picture-tips-med

まとめ

電車内で赤ちゃんが泣いていてうるさい時は、以下のような対処法が効果的です。

  • 音楽を聞く(ノイズキャンセリング機能付きのイヤホンで)
  • 車両を移動する
  • 赤ちゃん連れの気持ちに立ってみる

注意するというのも手段かもしれませんが、注意したら注意したで周りの乗客から冷ややかな目で見られる可能性が高いです。事故解決するのがベストでしょうね。

【スポンサードリンク】
【スポンサードリンク】

コメントを残す