蚊に刺されたくない!刺されにくくする6つの対策

musika3

よっしゃ!今日も蚊にさされたぜっ!・・・なんて喜ぶ人、いませんよね。蚊には申し訳ありませんが、できることであればいなくなって欲しいです、本当に。

まぁ、それは不可能な話ですが、「蚊に刺されにくくする」ことはできます。今日からでも、今からでもできる対策もありますから、ぜひ実践していきましょう。

ということで今回の記事では、蚊に刺されたくない!刺されにくくする6つの対策という内容をお届けしていきます。

蚊に刺されやすい人の特徴は?

まずは確認の意味合いも込めて「蚊に刺されやすい人の特徴」を見ていきます。特徴としては主に9つ挙げられます。

  1. 男性
  2. O型
  3. 肥満体型
  4. 汗っかき
  5. 足が臭い
  6. よくお酒を飲む
  7. 黒い服を着ている
  8. 妊婦さん
  9. 香水を付けている

参考>>蚊に刺されやすい人の9つの特徴とは?

簡単な話、この特徴と正反対のことをすれば蚊に刺されにくく〜ということになりますが・・・。今から女性になれ〜とかA型になれ〜とか、ムリな話ですよね。

では、今から・今日からできる対策には、どのようものがあるのか?詳細を見て行きたいと思います。 「蚊に刺されたくない!刺されにくくする6つの対策」の続きを読む…

蚊に刺されやすい人の9つの特徴とは?

july02_a13

夏場の大敵「」。バーベキューや花火大会を楽しんでいる時に刺された〜とか、寝ている間に刺された〜とか、ありとあらゆる場面で刺されてしまいます。

で、そんな厄介な蚊ですが、「刺されやすい人」と「刺されにくい人」がいること、ご存じですか?

今回の記事では、蚊に刺されやすい人の9つの特徴とは?という内容をお届けしていきます。

蚊に刺されやすい人の9つの特徴

まずは9つの特徴をざっとご紹介します。

  1. 男性
  2. O型
  3. 肥満体型
  4. 汗っかき
  5. 足が臭い
  6. よくお酒を飲む
  7. 黒い服を着ている
  8. 妊婦さん
  9. 香水を付けている

え?そんなこと関係あるの?と思ってしまう特徴もありますが、ここからはそれぞれの特徴の解説に移ります。

(1)男性

女性よりも男性の方が、蚊に刺されやすいと言われています。単純に男性だから〜というよりも、他の特徴と組み合わさっていることが多いからです。

例えば、男性の方が「汗をかきやすい」「足が臭い人が多い」「よくお酒を飲む」・・・などなど。また、男性の方が女性よりも体温が高い傾向にあるので、これも蚊に刺されやすい人の特徴の1つです。

(2)O型

O型>B型>AB型>A型、という順番になっているようです。「いや、私、A型だけどめっちゃ刺されるw」と思う人もいるかもしれませんが、血液型以外にも刺されやすい人の特徴はたくさんありますからね。

ちなみに、O型の人はA型の人よりも「約2倍」刺されやすいと言われています。

(3)肥満体型

肥満体型の人って得てして「汗っかき」ですよね。また、単純に考えて体のサイズも大きいわけですから、それに伴い「刺される範囲も広い」ということが言えます。 「蚊に刺されやすい人の9つの特徴とは?」の続きを読む…

背中のダイエット!はみ出した肉を落とす筋トレ&有酸素運動!

lgf01a201306090400

ジョギングや腹筋などのトレーニングを続けていけば、6個に割れた腹筋を手に入れることができます。が、この時、案外見落としがちなのが「背中」です。

腹筋は6個に割れているけど、背中は中途半端というか・・・お肉がズボンに乗った状態になっている。これはちょっと惜しいですよね^^;

ということで今回の記事では、背中のダイエット!はみ出した肉を落とす筋トレ&有酸素運動!という内容をお届けしていきます。

背中に肉が付く原因

背中に肉が付く原因は、主に2つあると言われています。1つは「加齢による筋肉の衰え」、もう1つは「姿勢の悪さ(猫背)」によるものです。

加齢による筋肉の衰え

人間の体は、年齢を重ねるに連れてどんどん衰えていきます。20代〜30代くらいの比較的若い年代であれば、ある程度のトレーニングを行っていれば、衰えるどころかまだまだ筋肉を成長させることはできますが・・・

なかなかそこまでの時間が取れない、というのが現実ですよね^^;日頃から体を使うような仕事をしているとか、運動の習慣があるという人はまだ大丈夫です。

が、デスクワークや営業が主な仕事で、運動という運動は全然しない〜という人は、年々筋肉が衰えて低下していく一方。

中でも「背筋:背中の筋肉」って、日常生活の中であまり使わない筋肉ですからね。

そして、衰えた筋肉は脂肪へと変わってしまうため、背中に肉が付いてしまう〜ということです。 「背中のダイエット!はみ出した肉を落とす筋トレ&有酸素運動!」の続きを読む…

寝てる時に蚊に刺される!部屋を完全対策できる2つの方法!

ka01-m

夏場の眠りを妨げる敵の1つが「」です。どこからともなく部屋に侵入してきて、耳元にプーンという不快な音が・・・。そして、気が付いた頃には3ヶ所も4ヶ所も刺されている〜ということになります。

寝ている時に蚊に刺されると、とにかくかゆくてかゆくて仕方ありません。あまりのかゆさで寝付けなくなりますし、患部を掻きすぎて血が出る〜なんてことも。

今回の記事では、寝てる時に蚊に刺される!部屋を完全対策できる2つの方法!という内容をお届けしていきます。

なぜ蚊に刺されるのか?

世間には蚊に「刺されやすい人」と「刺されにくい人」がいます。同じ部屋に複数人で寝た場合、全く刺されていない人と何ヶ所も刺されている人が出てきます。

では、なぜこのようにハッキリと差がでるのか?一般的には刺されやすい人には9つの特徴があると言われています。

参照>>蚊に刺されやすい人の9つの特徴

この特徴と考慮した対策をすれば、蚊に刺されにくくすることもできます。毎日のように蚊に刺される〜という人は、ぜひ上記の記事で紹介している対策をお試し下さい。

もちろん、今回の記事で紹介している2つの方法も効果はバツグンなので、今日からでもお試しいただけたらと思います。 「寝てる時に蚊に刺される!部屋を完全対策できる2つの方法!」の続きを読む…

糖質制限ダイエットの正しい方法!OKな食品やNGな食品は?

Pro-Energy-Regina-Ideal-Protein-East

糖質制限ダイエットとは、砂糖がたくさん含まれているお菓子や、炭水化物であるご飯・パン・麺類などの摂取量を制限するというダイエット方法です。

色々あるダイエット方法の中でも、個人的には糖質制限が一番簡単で効果も出やすいと思っています。

今回の記事では、糖質制限ダイエットの正しい方法!OKな食品やNGな食品は?という内容をお届けしていきます。

糖質制限ダイエットの正しい方法

「制限」であり「禁止」ではない

完全に糖質(炭水化物)を摂取しない!というわけではありません。あくまでも「制限」ですからね。

糖質制限ダイエット実践者の中には、完全に糖質を制限している〜という人もいます。が、これはもはや「制限」ではなく「禁止」ですよね。

これはストレスの大きな素になります。確かに完全に糖質を禁止にすれば、短期間で痩せることも可能です。が、リバウンドのリスクも高いです。

某プライベートジムのライ◯ップが、その最たる例ですよ。広告塔に起用したタレントさん、2ヶ月で体重が77kg→70kg/体脂肪率20%→13%まで減りましたが・・・リバウンド疑惑が浮上しています。

コレはコレで1つの正しい方法なのですが、リスクが高すぎます。 「糖質制限ダイエットの正しい方法!OKな食品やNGな食品は?」の続きを読む…

腹筋を割るには筋トレと有酸素運動を!挫折しない方法を紹介

fat

正しい方法を実践し続けていけば、誰でも割れた腹筋を手に入れることは可能です。痩せようとは思うけどキッカケがないからな〜とか、別に誰かに腹筋を見せるわけでもないし〜とか、やる気のない人にはムリな話ですが、

絶対にシックスパックになってやる!と、しっかりと目標があるのであればイケます。

強引な方法で超短期間でシックスパックに〜ということもできるにはできますが、個人的にはオススメしていません。とにかくハードだから。

今回は「1ヶ月〜2ヶ月」の期間を設けることを前提として、腹筋を割るには筋トレと有酸素運動を!挫折しない方法を紹介!という内容をお届けしていきます。

腹筋はもともと6個に割れています

豆知識として紹介させていただきますが、実は腹筋ってもともと6個に割れているんです。ただ、その上に脂肪(皮下脂肪)が蓄積されてしまうと、せっかくの腹筋も埋もれてしまうというわけです。

ちなみに、腹筋が6個に割れて見える体脂肪率の目安は15%。体重が70kgとか80kgあっても体脂肪率が15%以下であれば、腹筋が6個に割れて見えます。

スポーツ選手(特にプロレスラー)が最たる例ですよね。新日本プロレス所属の棚橋弘至選手なんて、身長180cm弱で体重が100kgを超えているのに、ボディビルダー並のガッチガチ体型ですから。

参照>>棚橋弘至の筋肉がスゴイ!筋トレメニューは?名言まとめ等!

腹筋を割るための方法

さて、ここからが本題です。体脂肪率を落として確実にシックスパックを手に入れるには、以下3つの方法を実践していきましょう。

  • 摂取カロリーを抑える
  • 有酸素運動を行う
  • 筋トレを行う

「腹筋を割るには筋トレと有酸素運動を!挫折しない方法を紹介」の続きを読む…

腹筋を割る!確実に超短期間で効果の出る方法を紹介

fukkin_man

腹筋を鍛えて確実に割るためには、体重をある程度落とすこと/体脂肪率を落とすこと/筋肉を大きくすることの3つの要素が必要になってきます。

腹筋って実はもともと6個の区画に分かれているのですが、腹直筋という1つの大きな筋肉の上にスジが張られているためこのように割れて見えるんです。つまり、誰でもしっかりとトレーニングを行えば、キレイなシックスパックを手に入れられるということです。

今回の記事では、腹筋を割る!確実に超短期間で効果の出る方法を紹介!という内容をお届けしていきます。

超短期間で効果の出る方法

あと1週間でどうしても腹筋を割りたい・・・と思うこともあるかもしれません。その場合はかなりハードなトレーニングが必要になります。

個人的にはこの方法はあまりオススメできません。なぜか?とにかくハードだから。できれば1ヶ月〜2ヶ月くらいの期間を設けて、じっくり地道にコツコツトレーニングを続けていくのがベストなのですが・・・

とにかくその場しのぎでもいいから、1週間くらいで腹筋を割りたい!」とどうしても思うなら、以下の方法をお試しください。

  1. 摂取カロリーを減らす(ダイエット)
  2. 消費カロリーを増やす(トレーニング)
  3. 腹筋を鍛える(トレーニング)

では、それぞれの詳細を解説していきます。

「腹筋を割る!確実に超短期間で効果の出る方法を紹介」の続きを読む…

腹筋を割りたい!シックスパックになる体脂肪率の目安は?

20120805012736

6個に割れた腹筋「シックスパック」。ゴリゴリに鍛えている人の中には、8個に割れている「エイトパック」になっている人もいますが・・・あそこまで行くと正直気持ちが悪い。

何事も「程よく」が一番です。程よく鍛えられた腕、程よく鍛えられた胸板、そして6個に割れた腹筋。

今回の記事では、腹筋を割りたい!シックスパックになる体脂肪率の目安は?という内容をお届けしていきます。

もともと腹筋は割れている

腹筋を6個に割る=腹筋を鍛えなければいけない、というイメージをお持ちかもしれませんが、実はもともと腹筋って割れているんですよ。ただ、6個の筋肉がそれぞれ独立しているのではなく、「腹直筋の上にスジが張られている」ため、6個に割れているように見えるんです。

では、なぜ割れた腹筋が浮かび上がってこないのか?というと、理由は2つあります。 「腹筋を割りたい!シックスパックになる体脂肪率の目安は?」の続きを読む…

頭がかゆい!乾燥してフケが出る時の原因と対処法は?

200141500-001

なんだか最近頭がかゆい・・・よく見てみると乾燥してフケのような白いものが出ている。頭皮も肌の一部ですから、生活習慣や食生活、外部環境(紫外線/湿度など)によって、様々なトラブルが発生します。

また、洗浄力・刺激が強いシャンプーを使ったり、間違った洗髪を続けていることでも、頭皮トラブルを生じることがあります。

今回の記事では、頭がかゆい!乾燥してフケが出る時の原因と対処法は?という内容をお届けしていきます。

頭皮が乾燥する理由

肌質が「乾燥肌」だという方は、頭皮も乾燥しやすい傾向にあります。先ほどもお話したように、頭皮も肌の一部ですから「皮脂」が出ているわけです。

乾燥肌の人は、この「皮脂」の分泌量が少ないので、肌がカサカサしやすい〜とか冬場はすぐに乾燥する〜ということになるんです。

頭皮もこれと同じ。一部ではなく頭皮全体にかゆみを生じている場合は、乾燥が原因でかゆみを生じている可能性が高いです。 「頭がかゆい!乾燥してフケが出る時の原因と対処法は?」の続きを読む…

頭がかゆい!3つの原因と対処法(汗・皮脂・シャンプー)

atama-kayui

毎日しっかり頭を洗っているのに、なぜかかゆみが治まらない・・・。ガリガリかきすぎると頭皮を傷付けそうだし、どうすればいいんだろ?

毎日シャンプーをしているにも関わらず、このような「頭のかゆみ」が生じることがあります。

今回の記事では、頭がかゆい!3つの原因と対処法(汗・皮脂・シャンプー)という内容をお届けしていきます。

頭がかゆい時に考えられる3つの原因

シャンプーの方法を間違っている

  • シャンプーは1日2回
  • 爪でゴシゴシ洗っている
  • 熱いお湯で洗い流している
  • タオルドライももちろんゴシゴシ
  • ドライヤーを頭皮に近付けている

・・・これ、全て間違ったシャンプー・洗髪の方法です。自分ではしっかり丁寧にシャンプーをしているつもりでも、実はかえって頭皮を傷付けている〜ということがあります。 「頭がかゆい!3つの原因と対処法(汗・皮脂・シャンプー)」の続きを読む…